お客様の声・お宅レポート

30代でマイホーム2軒目!!リビングにブランコのある家

「30代で2軒目の家を建てたご主人様」「リビングにブランコがある」との前情報。どんな方がどういった考えで建てられたのか、そこにはどんな生活があるのか。早速、相模原市内のS様邸へ、インタビューに伺いました。大きなリビングを中心にした4人家族の生活は、まさに今話題の「リビ充」を楽しむスタイルでした!

リフォームにお金をかけるなら…いっそのこと。

S様は現在30代。にも関わらず、今回の家で2軒目の購入だそうです。

「どれだけのお金持ちなんだろう」と取材前はやや身構えてしまいましたが、聞いてみれば「なるほど!」なお話でした。

当時を振り返って談笑するS様(左)と担当営業の内藤さん(右)

タイル貼りなのにすっきりとした見た目の外観。

まずは、この前に住まれていた1軒目の家について伺いました。

ご主人様「20代で結婚して、将来のことを考えたときに家がほしいなと。以前は津久井のあたりに住んでいて、美都住販さんの本店がすぐ近くだったこともあり、気軽に相談に行きました。すると、庭が大きくて住み心地も良さそうな物件がすぐに見つかり、購入するに至りました。」

ではなぜ「2軒目」の話が出たのでしょうか。

ご主人様「きっかけはリフォームを考えたことでした。妻の母が泊まりに来ることがけっこうあって、その際に1階に和室がほしいと感じていたんです。それで見積もりをとってみたらけっこうな金額になってしまって。そこで、ここに大きなお金をかけるなら新しく建てちゃってもいいんじゃない? と考えるようになったんです。家と土地が売れれば、それを頭金にできますし。」

実際にその後、1軒目の家を売りに出すとすぐに買い手が見つかり、逆に早く出ていかなければいけない自体になってしまったんだとか(笑)。とはいえ、ここから現在の家の計画が始まったのです!

これぞ「リビ充」!家族全員で楽しめるこだわりリビング。

突然ですが「リビ充」という言葉をご存知ですか? お察しの通り「リビング」が「充実」していることです。近年は、家での家族の生活がよりリビングに集中しているようで、特に『子どもの勉強や遊びは親の目の届くところで』という考えが色濃くなっているのだそう。そのため、リビングはできる限り広く設け、家族全員で楽しめる空間をつくり上げる方が多いようです。S様邸も、まさに「リビ充」!

ご主人様「リビングですべての生活をまかないたいと考えていました。前の家もそうでしたが、リビングイン階段にして、家族全員が頻繁に顔を合わせられるようにしたかったんです。あ、ただ前の家は階段に1階と2階の仕切りがなかったので、今回は扉を設けました。冷暖房の効きが良くなりましたね。」

奥様「キッチンから子どもがなるべく見えるようにと、キッチンカウンターの高さを限界まで下げてもらったんです。あと、子どもの勉強やちょっとした作業用に、キッチン横にカウンターデスクをつけてもらいました。」

リビングイン階段には扉があるとさらに快適。

キッチンにいてもよく見渡せる空間に。

お子様の勉強やちょっとした軽作業に。

壁の角をラウンドにすることで、お子様も安全。

そして! やっぱり気になるのはブランコ! なぜこんなところにブランコを……?

ご主人様「以前の家と比べて庭が狭くなるので、子どもが外で遊べるスペースがあまりとれないなと。あとは、大人の遊び心ですよね(笑)。天井のクロスは空の柄に、あえて梁を見せるようなデザインがお気に入りです。」

遊び心あふれる空柄のクロスが◎。

また、S様は大のDIY好きだそうで、家のさまざまな部分にその片鱗をのぞかせています。

ご主人様「建てるときに、何かひと工夫ほしいなと思って、リビングの中心に大黒柱を設けることにしました。この柱は構造上必要ないものなんですが、見た目にこだわって提案いただいたものよりもひとまわり太い柱にしてもらいました。最初は見た目が通常の木の色だったんですが、まだ部屋のクロスも貼り終わってない頃に妻と2人で来て、自分たちで柱にオイルステインを塗ったんですよ。あと、建ててからは自分で庭にウッドデッキをつくりました。」

リビングの真ん中にどーんと構える、まさに大黒柱。

ご主人様お手製のウッドデッキ。

他にも、和室のデザインや壁紙など、随所にS様のこだわりが感じられます。

ご主人様「外観は妻の意見を採用することにしたんです。だから、内装はいろいろとやらせてもらいました(笑)。」

2本の化粧柱、ラウンドになってる下がり壁など随所にこだわりが。

ひし形のライトがオシャレ。クロスも合わせて。

湘南の家をイメージしたというアクセントクロス。

キッチン下のクロスもオシャレに。ブックシェルフも便利。

2階もしっかりこだわってます。

奥様「ベランダに洗濯物を干しに行くときに、どこかの部屋を通っていくのが嫌だったので、思い切ってホールを大きくして直接ベランダにつなげてもらいました。」

こう奥様が語られているように、S様邸は通常の家よりも2階のホールが大きい印象。ピアノを置いて(床補強済み)楽しめる広さです。

取材中も、娘さんが名演奏(笑)を披露してくれました。どうでもいいのですが、誠に勝手ながら筆者は「幸せな家族の家にはピアノがある」という法則を信じています。

また、2階はホール、ベランダに加えて主寝室と子ども部屋が2室。「ベランダは庭の延長として考えている」とご主人様が言われているように、電気と水道が引かれています。

広々ベランダ。何をするか考えるだけでもワクワク。

こちらは娘さんのお部屋。ピンクのクロスがかわいい。

「家は3回建てないと満足できない」とよく言われますが、2回目のS様はどうなのでしょうか? 1軒目との比較も込みで、現在の家の住み心地を伺いました。

ご主人様「まだ住み始めて少ししか経っていませんが、結露がしなくなったなぁと感じます。外壁をタイルにしたこともあり、気密性や断熱性、遮音性が高くなった気がしますね。」

ただし、こだわってグレードアップしたポイント以外は、1軒目と変わらないと感じる部分も多いとS様は語ります。

ご主人様「2軒目を建てたことで、1軒目から感じていた居心地の良さを再認識できたような感覚があります。広く開放的なリビングに、家族の団らんがある。これは変わっていませんからね。建てるときも以前の家の雰囲気をなるべく継続したいと思っていたんです。そんな意味で、今回も美都住販さんにお願いしてよかったと思います。スタッフの方も同じメンバーを揃えてもらえたので話がしやすかったですし、無理なお願いも多かったと思うんですけど、すごく親身に聞いてもらえました。」

広いリビング+和室で遊び方いろいろ。

取材中、終始ご機嫌の娘さん。

意外にも、住み心地は1軒目と大きくは変わらないというお話。住む家が変わっても、家族は何も変わらないですもんね。元気に遊びまわるお子様たちを見て、幸せを少し分けてもらえたような気がした取材になりました。