ライフステージに合わせて
カタチを変える暮らし方

皆さんは近年流行ってきているスケルトン・インフィル住宅をご存知でしょうか。住宅の「スケルトン」は、柱・梁・床など構造体の外側部分、「インフィル」は、設備・内装などの内側部分を意味しています。外側と内側を分けて施工し、内側は施主が自由に作れるスケルトン・インフィル住宅は建物の全てを施主の意向によって建てる注文住宅に対し、建売と注文の両方の特性を兼ね揃えています。ここではライフステージに合わせてカタチを変えられるという特長を活かした暮らしの様子をご紹介いたします。

2人のうちは空間を広く使い、
開放感を実感。
それぞれオシャレや趣味を楽しんだり
仕事をするスペースも確保。

1
妻のスペース
カウンターにはミシンを置いて趣味の洋服作りを堪能。
子どもが生まれた時のために
小さな服を作るのが最近の一番の楽しみです。
2
くつろぎスペース
ごはんは1階で食べることが多いけど、
ここではお茶を飲んでゆっくりしたり
カフェのような使い方をしています。
3
夫のスペース
パソコンを持ち込んでデータを作ったり書類の整理をしたり基本的には仕事をするスペースにしています。

子どもたちが幼いうちは、みんなで一緒におやすみ。目が届きやすいように壁は作らず
家具のみの変更で対応。

1
みんなでおやすみ
子どもたちを挟んで並んだベッド。
寝る前はパパとママが日替わりで絵本を読んであげます。
2
子どもたちが遊ぶスペース
ふかふかのカーペットの上で
おもちゃを広げて遊んだり
お昼寝したり、子どもたちの
お気に入りの場所です。
3
パパのスペース(少し縮小)
パパのスペースはふたり暮らしの時よりも減ってしまったけど代わりに可愛い子どもたちが伸び伸びと遊んでいる姿を見られるので、
パパはまったく気にしていません。

子どもたちが成長したらリフォームで壁を追加。
プライバシーを優先させた間取りに。

1
別々の個室
成長して小・中学生になった
子どもたちのために
個室を別々に。
自分だけの部屋を持てて
2人とも嬉しそう。
2
室内物干し
体操服など洗い物が増えても
室内干しスペースを確保しているから安心です。
3
ウォークインクロゼット
まだまだオシャレを楽しみたいパパとママは
それぞれのウォークインクロゼットを。

安心・安全な
テクノストラクチャー工法

美都住販のスケルトン・インフィル住宅は安全面もしっかりと考えられたテクノストラクチャー工法を採用しています。「木の家に、確かな安心を約束したい」。そんな願いをこめて生まれた、「テクノストラクチャーの家」。木と鉄を組み合わせたテクノストラクチャー工法の強さと安心の上に、パナソニックの技術を活かした心地よい居住環境品質や、太陽光発電をはじめとする省エネ・創エネなどのエコ性能、そして、上質で洗練されたデザイン性をプラス。さらに、メンテナンスやリフォーム体制もしっかりと整えています。

実際にモデルハウスで体感

モデルハウスがオープンしました!実際に見て触れて体験することでよりスケルトン・インフィル住宅の魅力を実感して頂けます。興味はあるけどいまいちイメージができないという方、どんな感じなのか確かめてみたい方、ぜひお待ちしております。また、事前予約でご来場された方には事前予約特典もご用意いたしております。

⇒事前予約をする