2019.09.30相模原ライフ子育てママ必見!相模原の教育事情 vol.10

子どもの感性を豊かに育む!相模原で見つけた芸術・音楽系の習い事3選

暑さが和らぎ、秋の空気を感じる今日この頃。秋といえば「芸術の秋」。大人の常識にとらわれない子どもの感性に、ハッとさせられることはよくあるものですよね。幼いうちに育んだ感性は一生の宝物。今回は相模原市にある芸術・音楽系の習い事をご紹介します。

想像力や自信、表現の幅がひろがる絵画教室「おえかきごや」

豊かな想像力を育み、精神を安定させる作用もある「おえかき」。全国各地に絵画教室は多々ありますが、ここ「おえかきごや」は、主婦が我が子とその友達に絵を教えることからスタートしたという経緯をもつアットホームな絵画教室です。

そんな「おえかきごや」の講師である生嶋さんは、東京造形美術大学絵画科卒業、美術の教員免許を持つお方。現在はもう一人、武蔵野美術大学卒の彫刻家の先生を招いて教室を運営しています。

レッスンは物を見て静かにデッサンすることと、自由に描いたり作ったりする時間をバランス良く盛り込んでいます。ただ「描きたい!」という子どもの衝動的な思いから、「上手に描きたい」、「誰かに褒められたい」という成長に伴う変化にも対応してくれるため、表現の幅がどんどんひろがっていくのですね。

ものをよく見てデッサンしたり、すでにある絵を真似て描いたりするなかで、まずは「絵の語彙」を少しずつ増やしていくのがポイントなのだとか。そしてそこから「自由な表現」を獲得することを大切にしているのだそうです。

■革、ガラス、アロマを使った工芸までできる!

絵画教室、と銘打ってはいますが、実際には絵画以外にも様々な取り組みがなされています。たとえば、講師が美大時代に培った人脈を生かして外部講師を招いたワークショップを開催することも。常駐講師だけではカバーできない革細工やガラス工芸の体験などもできるのがこの教室のおもしろいところなんです。

さらに講師の生嶋さんは、アロマインストラクターの資格も取得しているのだそう。「アロマキャンドル」など「香り」と「アート」を結びつけた独自の「香育」も行っているんですよ。

「おえかきごや」の名前には、隠れ家的に少人数で、一人一人に行き届いたアドバイスをしたい、小さくても楽しいアトリエ、「お絵かき」する「小屋」になりたいとの想いが込められています。

徹底した少人数制で1クラスは最大4人まで。自由な発想で子どもの想像力を育み、表現の幅をひろげてくれます。子どもの才能をじっくり伸ばしてあげたくなる、ユニークで素敵な絵画教室です。

「絵画教室おえかきごや」の基本情報

【所在地】相模原市中央区上溝
【レッスン回数】月2回
【月謝】月会費5000円
https://www.oekakigoya.com

相模原で美術の道を志すなら女子美術大学。日本で最も古い私立の美術大学でもあります。

相模原市内の大学へ行ってみよう!〜女子美術大学相模原キャンパス〜

ピアノ演奏の基礎を学び、自立心や好奇心を養う「Piacere Music★School」

幼少の頃から楽器を学ぶことには様々なメリットがあります!なかでも他楽器の習得も比較的容易になるなどのメリットから「はじめての楽器教室」としても人気なのがピアノ教室です。

JR橋本駅から歩いて徒歩5分の場所にある「Piacere Music★School」は、生徒と先生、生徒同士のふれあいを大切にし伸び伸びとくつろぎながらレッスンができるピアノ教室。自立心や好奇心を養う指導が評判で、ここに通う子どもたちは、それぞれの「表現」を思う存分発揮しています。

■小さな子でも譜面が読める丁寧な指導

子どもから大人まで幅広い年代の生徒が通うこちらの教室。子どもでも「読譜力」「リズム感」などピアノの基礎が学べる教材を使い、最初から譜面が読めるように丁寧なレッスンを受けます。これはピアノを続けていくのに重要であるという考えから。

もちろんそれだけでなく、それぞれに合わせて好きな曲を入れたり、歌を歌うなどして興味を持てる工夫がなされています。

楽しく続けられるポイントは「練習しなさい」と強要しないところ。子ども自身が納得して楽しく練習できるように「自分で出来た!」をたくさん体験させているんです。

教室名の「Piacere(ピアチューレ)」は、イタリア語で「喜び、楽しみ」という意味。そこにPiano(ピアノ)をかけて名付けられたのだそう。また「★」のマークには「弾く人によって違う音がある。星のように一人一人が『音楽で光り輝く』ように」との想いが込められているのだとか。

教室としての大きな発表会は、1年3ヶ月〜1年半に1回のペースで開催されています。さらに他教室の発表会にも参加するなど発表の場は多数。また、ハロウィンパーティーやクリスマス会などの季節のイベントも開催していて、子どもたちの楽しみになっています。

ピアノの基礎からしっかり学び、自立心や好奇心を育ててくれる。仲間たちとも楽しくふれあえる教室なんですね。

「Piacere Music★School(ピアチューレ ミュージックスクール)」の基本情報

【所在地】相模原市緑区橋本6-28-17
【電話】042-774-0581
【営業時間】13:00〜21:00
【定休日】不定休
【月謝】子供コース 年間レッスン回数44回(月3〜4回)
(例 参考教材バイエル)30分レッスン7,700円/45分レッスン11,000円/60分レッスン13,200円
http://www.pia-cere.com/index.html

リズム感や表現力を身につけ、コミュニケーション能力もアップ!「ギター教室you&me」

音楽の3要素であるリズム・メロディ・ハーモニーをそれ一つで表現できる数少ない楽器、ギター。音を発生させる部分に直接触れるギターは、音の振動を直接指先で感じることができ、情操教育にも良いそうです。

そんなギターをはじめ、ベースやドラムなどが学べるのが相模原駅すぐそばにある「ギター教室you&me」です。

■ソロもバンドもアンサンブルも!

こちらの教室は子どもの割合が多いのが特徴です。個性にあわせてソロのほか、バンドやアンサンブルを子どもだけで組むこともできるそう。ここに来ればすぐにバンド仲間が見つかるのは嬉しいですね。

1レッスン30分。個人レッスンはもちろん、家族や友達と一緒に学べるグループレッスンもあり、月2回、3回、6回のコースを選ぶことができます。また、スポットでレッスンを増やしたい場合はオプションレッスンを随時追加することもできますよ。

年にライブが2回、コンサートが2回と、レッスンの成果を発表する場も多数用意されています。教室に通う他のグループをライバルに、切磋琢磨する絶好の機会になりますね。

「楽器は長く続ければ自然と上手くなり、上手くなれば楽器がより好きになる。それは子どもにとって自分を表現するための武器が一つ増えることになる」

そう語るのは同スクール代表の小野さん。子どものレッスンで一番に考えていることは「とにかく辞めさせない、辞めたいと思わせない」ということ。

子ども用のわかりやすい教材でレッスンを進めるほか、レッスン中にミニゲームやビンゴを取り入れたり、発表会やレッスン外の各種イベントを用意するなどして、とにかく楽しく、続けたくなる教室づくりをモットーにしているのだとか。

リズム感や表現力を身につけるだけでなく、仲間たちと楽しく楽器を演奏することでコミュニケーション能力も豊かにしてくれる「ギター教室you&me」。自宅へ持ち帰り可能なギターのレンタルも行っているので、「続くかわからないけど一度試してみたい」という人でも大丈夫。まずは無料の体験レッスンから初めてみてはいかがでしょうか?

「ギター教室 you & me(ユーアンドミー)」の基本情報

【所在地】相模原市中央区相模原1-2-2 OSビル2 4階
【電話】042-707-9468
【月謝】未就学児例 入学金4400円
個人レッスン 月2回6600円/月3回8800円/月6回15400円
グループレッスン 月2回3850円/月3回6050円/月6回9900円
https://guitarschool-youandme.com

もっと見る

NEW

RANKING

CATEGORY