2021.04.01レポート&インタビューモデルハウス体験レポート vol.6

実際の暮らしがイメージできる、災害にも強いリアルサイズモデルハウス

住宅展示場にあるハウスメーカーのモデルルームって、憧れを持ちますよね。その一方で「豪華すぎて、自分たちが住んだイメージがわかない…」という方、実は、意外と多いはず。それもそのはず、各社ハイスペックな住宅を展示しているので、背伸びした仕様になっていることがほとんどなんです。 そこで今回は、等身大のリアルなサイズ感がわかる美都住販のモデルハウスへ行きました。それでは早速お邪魔してみましょう!

美都住販の「富士見モデルハウス」へお邪魔してきました

ハウスメーカーの美都住販 広報室の船田さん(右)とスタッフさん。

「こんにちは」と明るく出迎えてくれたのは、ハウスメーカーの美都住販 広報室の船田明宏さん(右)とスタッフさんのおふたり。今日は富士見モデルハウスの魅力をたっぷりとお話ししていただこうと思います。

まずは「等身大のサイズ感がわかるモデルハウス」という部分で、どのような家族を設定してこのモデルハウスを作ったのか聞いてみました。

「富士見モデルハウスは、30代から40代の共働きご夫婦で、小学校低学年と幼稚園に通うお子さん2名の設定でプランニングしてあります。一般的にモデルハウスは実際に建てる家よりも大きく、ハイグレードな設定になっていることが多いのですが、ここは現実的なサイズ感と仕様になっています。ぜひ、毎日の生活をイメージしてご見学ください」(船田さん)とのこと。

毎日忙しい共働きご夫婦の設定ですので、まずは「家事ラク」なポイントに迫っていきましょう!

【家事ラク】ストレスのない家事動線って最高♪

小さなお子さんがいる家庭は、お子さんのお世話に時間がかかりますし、それでなくても毎日時間に追われる生活なので、とにかく忙しいです。

「短い時間で効率よく家事を行うには、家の中の移動距離を短くし、スムーズに移動できるように間取りを考えることがポイントになってきます。特に、水回りと、シューズクロークは、移動しやすい動線を体感していただけます」(船田さん)。

 

■家事ラクポイント その① コンパクトな水回り

まずは炊事・洗濯の移動距離の短さに感激しました…! 家事のなかでも負担が大きな炊事・洗濯。キッチンと洗濯室を隣り合わせたレイアウトならスムーズに家事がはかどりそうです。

キッチンと洗濯・洗面室は隣り合わせで計画してあります。このレイアウトなら、並行して作業ができますね。理想的…!
  • キッチンはリビングと対面しているので、小さなお子さんの様子を見ながら家事ができます。キッチンの作業台にはついたてがないので、ダイニングテーブルとのつながりも便利そうですね。
  • キッチン裏側には、広い洗濯・洗面室。小さなお子さんの身支度は、リビングですることが多いのが子育てファミリーのライフスタイル。リビングに隣接した場所で、<着替える→洗う→干す→たたむ→しまう>の一連の流れが完結できるようになっていました。

■家事ラクポイント その② 適材適所の収納

何はともあれ「収納」は、片付いた家を持続させるための最大のポイントです。富士見モデルハウスは収納計画も◎でした。

  • キッチンから洗濯・洗面室へ抜ける動線上にはパントリーがありました(写真右奥)。食材のストックも収納できますし、何かとかさばる洗剤やお掃除グッズもここにたっぷり収納できます。
  • 夫婦の寝室にも大きなウォークインクローゼットがありました(写真左奥)。約1.5帖もの収納量があれば、衣替えをしなくても十分夫婦のお洋服が収納できそうですね!

■家事ラクポイント その③ 玄関にはシューズクロークを

玄関からは、リビングと、シューズクロークにスムーズに移動できます。シューズクロークはかさばる外遊びのグッズや、傘、コートなど、外に出るときに必要なものをまとめてしまっておけます。

シューズクローク側を通ることを日常にすれば、いつでもキレイですっきりとした玄関になりますね。

 

普段使いするコートなどは、部屋に持ち込まずに玄関で着替えられるので便利です。

実際に、水回りの動きやすさを見てみてください。下記の画像の矢印マークをクリックすると、その方向に進むことができます。

【快適】家族の健康と暮らしやすさの秘密

ここ数年で、家の快適さにこだわる人がぐーんと増えました。家のなかに温度差がなければヒートショックを防げて健康にもいいですし、なにより寒さや暑さのストレスがなく、アクティブに暮らせます。富士見モデルハウスでは、その快適さも十分に体感できます。

「富士見モデルハウスは、大きな吹き抜けとリビング階段が特徴です。この開放的な空間ですと暑さ・寒さの心配をされる方もいらっしゃいますが安心してください。全館空調で、断熱性能にもこだわっていますので、家中どこでも快適に過ごしていただけます」(船田さん)。

■快適ポイント その① 全館空調でどこにいても快適温度

「リビングは暖かくても廊下は寒い…」「お風呂だけは寒くて冬場がつらい…」などなど、意外と家のなかの温度差はストレスの原因に。富士見モデルハウスは、全館空調システムを搭載しているので、家中、いつでも、どこでも、一年中快適な温度で過ごせます。

大きな吹き抜けがあっても、温度ムラはありませんでした。全館空調で居心地のいい快適な温度が保たれています。

■快適ポイント その② 空気は24時間いつでもきれい

快適な家とは、換気がしっかりとできて新鮮な空気で満たされた空間です。

24時間換気を第一種換気システムにしてしっかりと行うことで、家の人が過ごす空間だけでなくトイレやクローゼットのなかまできれいな空気が行きわたります。幹線道路沿いの家や花粉のシーズンなど、窓を開けて換気をしたくても難しいケースもあるでしょう。そういった場合でも換気計画をきちんと行っていれば空気の循環が問題なく行えます。

■快適ポイント その③ 高気密・高断熱の魔法瓶のような家

全館空調や換気計画の効果を惜しみなく発揮できるのは、住宅が高気密・高断熱で建てられているから。壁の内側は吹き付け断熱材を隙間なく吹き込みました。なかなか実感するのが難しい断熱性ですが、モデルハウスで体感してみてくださいね。

【防災】いざというとき、家族の命を守るためにできること

家は家族が暮らす場所でもあり、命を守るためのものでもあります。万一の災害時に、家族の命を守れるよう、耐震性や災害対策にもこだわって建てました。

「もしものときに電気の心配がいらないよう、給電システムを備えました。新しい設備も体感していってください」(船田さん)。

■防災ポイント その① 車(HV、PHV、EV)のACコンセントからお家へ給電可能

停電したときに自動車と家をつなぐことで、車を電源として利用することができます。例えばプリウスでガソリン満タンの場合は、約3日間も給電が可能。太陽光で発電した電気の給電も可能なシステムでもあります。

照明、冷蔵庫、スマホの充電など、電気がないと不便なものはたくさんあるので、このような最新システムで備えることは万一のときにも安心ですね。

  • 車のAC電源。最近では車にコンセントをつける方も多くなっているそうです。
  • 家にも給電用の屋外電力ボックスを取り付けてありました。実際に、コードをつないでから車のエンジンをかけると約5秒で電気が点きました。これなら万一の停電のときも安心できますね!

■防災ポイント その② 地震に強い耐震等級3

日本は地震による災害がとても多い国です。消防署や警察署など、万一のときに防災拠点となる施設と同等の耐震等級3で建てられた丈夫な家です。美都住販の家は、全棟「耐震等級3」で建築されているようです。

 

 

おしゃれなデザインもチェックしてみて!

そのほか、家のなかのコーディネートも取り入れてみたいアイデアがたくさん! 床の色は少し濃いめのダークブラウンで、明るくカジュアルなデザインに上品さを感じました。

「インテリアのコンセプトを一言でいうならば、カジュアルシックでしょうか。床色は濃い目ですが、この家は日当たりもよくて吹き抜けの天井も高いので、重厚になりすぎずカジュアルにおさまるところでバランスをみて取り入れました。そのほか室内窓や、掲示板も富士見モデルハウスのデザインの特徴です。ぜひご覧になってみてください」(船田さん)。

  • 学校からのお便りはついつい冷蔵庫にマグネットで張り付けてしまいがち…。ですが、有孔ボードを使ってスッキリと見せる掲示方法もあります。写真を飾るのもいいですね。
  • 廊下とリビングの間には室内窓があります。インテリアのアクセントになるほか、光が玄関側まで届いて明るく、空間のつながりもイメージできました。
  • 子ども部屋のクロスはグレイッシュなブルー。飽きのこない落ち着いたカラーリングです。いずれ空間を隔てて使えるように間仕切り対応プランになっています。
  • 外壁は総タイル張り。見た目のかっこよさだけでなく、メンテナンスの手間や費用が抑えられるのも魅力です。

最後に

美都住販の富士見モデルハウスはいかがでしたか?

コンセプトは「等身大」とのことでしたが、実際に見学してみると取り入れたいアイデアがたくさんありました。家のサイズ感も現実味があって気持ちが落ち着きました。

「この間取りならお掃除もできて、“きれい”をキープできそう…!」と一緒に見学に行ったメンバーとも意気投合です(笑)。ついつい、生活するうえでの本音がでてしまいました。高級志向なモデルハウスへ行くのも楽しいですが、こういった現実的なサイズのモデルハウスも見学してみることで、暮らしのイメージがつきやすいもの。

いろんな家やモデルハウスを見学して、家づくりの選択肢を増やしていきましょう!

 

■美都住販富士見モデルハウス https://www.mitojuhan.co.jp/modelhouse/fujimi/

予約制で見学できます。お問い合わせは 0120-310-636(美都住販)まで

もっと見る

NEW

RANKING

CATEGORY