2018.08.24家を建てるマンガ 「坂見さん 家を建てる」 vol.12

基礎工事と地盤のこと①

いきなり木材や材料、コンクリートを持って来て、工事が始まるのかと思っていた坂見夫妻。基礎という家の土台になるコンクリートの部分の工事を始める前にも土地の強度など問題がないか調査をするようで?

〈前回までのあらすじ〉

美都住販さんに助けもありつつ色々な契約書の準備と、地鎮祭が終わりました。

このマンガに登場する人物と相関図をチェック!

新しいキャラクターが加わる度に更新しています。

キミト:買ってしまった土地に、後から家が建てられないなんてあるんですか?
フナタ:弊社では、そのような心配のある土地を販売していません。それから相模原の辺りは、相模原台地という強固な地盤の場所が比較的多いんです。
ハルカ:あっ!関東ローム層とかと一緒に学校で習った!!
アグリ:一応、相模原市役所のあたりの海抜は120メートル程度ありますが、もし、ご心配でしたら、地盤改良や基礎を底上げし高く作る方法もあります。
フナタ:別途お見積のオプションになりまーす!!
ハルカ:この商売上手ぅー!
フナタ:すみません!つい!!(汗)

ハルカ:安心しましたー!西日本で大きな土砂崩れや、大阪で大きな地震があったばかりで、すごく気になっていたんです。
キミト:うん、そうそう。でも、このベタ基礎なら安心だね!
フナタ:100%とは言い切れませんが、ほぼ大丈夫かと思います。
アグリ:ベタ基礎は、長く住んだとしても家の歪みも少ないんですよ。
フナタ:次回は、基礎工事に入ります!


恭啓

今年の西日本豪雨土砂災害や度重なる台風や大阪府北部地震などで、被害にあわれ、被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。
お役にたてず心苦しく思っております。一日も早いご復旧と復興を心よりお祈申し上げております。

敬白

イラストレーター ナガイクミコ


 

もっと見る

NEW

RANKING