2018.07.30相模原ライフ相模原市 全駅徹底ガイド vol.6

【東林間駅】子育て世代にやさしい元気な街!

東林間駅周辺の住み心地や暮らしやすさは? 子育て環境は? スーパーなど買い物は便利? 普段は閑静な住宅街も、夏になるとその雰囲気は一変。7月と8月に開催される2大祭りで、街は大盛り上がり! 近隣には小さな商店も多く、特にキッズスペースを設けるなど子連れでも楽しめるスポットが多数。実際に街を歩いて、徹底レポートします!

低い街並みが好印象。穏やかな雰囲気の住宅街。

  • 東林間駅東口。
  • 同じく西口。

この付近ではターミナル駅となっている2駅「相模大野駅」と「中央林間駅」の間にあるのがここ、東林間駅。このような立地環境から、やはり暮らすことがメインの地域になっている印象です。

東口、西口ともに、主要駅前でよく見かけるゴミゴミとした喧騒はなく、穏やかで暮らしやすそうな街並みが広がっています。とはいえ、実は駅周辺には約200もの商店が点在するという、活気に満ちた一面も。

7月と8月に開催される2大祭りでも、地元の人たちが協力し合ってつくりあげていくことから、住民たちのつながりも深く、人情に溢れた街であろうことも想像できます。

徒歩3分圏内にスーパーが3つ。昔ながらの八百屋さんも。

東口を出てすぐ。大規模で便利な東急ストア。

まずは東口を出て徒歩30秒ほど。マンションの1Fに東急ストアが入っており、規模も比較的大きいので「困ったらここ」に行けばひとまず安心できそう。

中華店やパン屋もテナントで入っており、ご飯どきには重宝します。

  • 東口側のスーパー三和。100円ショップ併設で便利。
  • 近くに小さな公園が。意外と遊具もたくさん。

東急ストアのすぐ裏手に位置するのが、市内ではおなじみのスーパー三和。

こちらは100円ショップも併設されているため、何かと便利です。

また、東急ストアとの中間には小さな公園が。しっかり遊具もあって、子どもたちをちょっと遊ばせておいて、親はお買い物へ、なんてこともできちゃいそう。

  • 西口側にあるスーパー三和。
  • 店の向かいにまたしても公園アリ。

こちらは西口徒歩3分。またしてもスーパー三和です。

そして、同じように公園が目の前に。先ほどよりも少し広めで、なんと、すべり台が2つもあります!

元気な声が外まで響いていた西口すぐの八百屋。

西口を出て目の前左手にある、昔ながらの八百屋さん。お客さんとやりとりを交わす元気な声が外まで聞こえてきます。

店員さんの気分がいいときには、何かおまけしてくれそう(勝手なイメージです)!

本格窯焼きピザが楽しめる「オールドヒッコリー」

石窯の手入れをする店長の玉越さん。

新宿方面から電車に乗ってくると、東林間駅近くの右手側に赤い外壁のログハウスのようなお店を見ることができます。気になったので、さっそく伺ってきました!

お店は、ピザをメインとしたイタリアンの飲食店「オールドヒッコリー」。店長の玉越さんにお話をいただきました。

  • 赤が映えるオシャレな外観。
  • ウッド調で広々とした雰囲気のいい店内。

店長「当店の特徴は、何と言ってもイタリア製のピザ釜です。今でこそ石窯は一般的になってきましたが、当店の石窯は1983年、日本で初めて輸入されたものなのです。その当時から変わらない、本格的な焼きたてピザが楽しめますよ」

  • 店内に子どもを遊ばせておけるスペースが。
  • 子ども向けピザ教室、開催中!

店長「当店もう1つの特色として、小さなお子様がいらしてもお食事を楽しんでいただける工夫を各所に凝らしています。サンルームのように設けた子ども用のスペースはもちろん、ベビーコットもいくつかご用意があります。また、お子様向けの『ピザ作り教室』も開催しています。特に夏休み期間はたくさん開催していますので、ぜひ親子でご参加ください」

説明不要の美味しさを誇る季節のオススメピザ。

ここまで聞いたら食べないわけにはいかないと、季節のオススメメニューをいただくことに。まずは「完熟トマトと水牛のモッツァレラピザ」。お皿がテープルに置かれた瞬間、あまりにも美味しそうで、写真を撮るのを忘れ、1枚先に食べてしまいました(笑)。

さてさてお味のほうは……超絶美味!! 無類のピザ好きの筆者。石窯で焼かれた出来立てピザの美味しさは誰よりも熟知しているとの自負があります。熱々の生地、延々と伸び続ける濃厚チーズ、そして芳醇とも表現できるほどの香り高き小麦の風味……。ここにあえて火を通さないフレッシュなトマトとモッツァレラをオン。濃厚&爽やかという新しいコントラストを発見しました! まさに今の季節にぴったりの絶品ピザです。大きい方のサイズでも、1人で余裕で完食できます(筆者個人的見解)。

  • 大きなパルミジャーノの器でチーズ感をプラス!贅沢!
  • このチーズの伸び具合から、濃厚な味をご想像ください。

こちらも同じく季節のオススメメニューになっていた「パルミジャーノのニョッキ」。約40万円するという、半分にカットされた大きなパルミジャーノの中で最終調理を行い、これでもかとチーズを絡ませます。チーズ好きにはたまらない超濃厚度で、食べながら何度も深呼吸をしたくなるほどのザ・チーズワールドに浸ることができます。これを幸福と呼ばずして何と呼ぶのか。ドライトマトやポテトがさりげないアクセントで、濃厚な味を最後まで飽きさせません!

子どもを横に置いておきながら、親はこんなに美味しいイタリアン……。そんなちょっとした背徳感も、また美味しさの秘訣です(笑)。子どもが大きくなったら、ぜひ一緒に食べましょうね!

個性的な店舗が点在。でもやっぱり子どもにやさしい。

イマドキのカフェっぽい、かわいい外観。

駅周辺には個性的なお店が多いことでも知られる東林間。なかでも今回紹介するのは「(cafe+atelier coo)」。駅から東西に伸びるメイン通りを西へ歩いて6分ほど。白い一軒家風の外観と、ポールに掲げたかわいい丸看板が目印。

  • ナチュラルテイストな心地よい空間の店内。
  • 子ども用にと、絵本やおもちゃがごっそり!

店主の笠井さんは、子育ての実体験から「親子で気軽に楽しめるカフェがほしい」と、2014年に自ら店をオープンさせました。

小ぶりな店構えながらも、店内はゆったりめのインテリア配置。子どもが楽しめるようにと、絵本やおもちゃがたくさん用意してあります。近所に住まう親子たちの憩いの場になっているようです。

また、2Fは貸しギャラリーになっていて、個展やワークショップが開かれるそう。

カフェ、ギャラリーの他にも、新品から骨董まで扱う生活雑貨がオススメということで、お近くにお越しの際はぜひ、ふらっと立ち寄ってみてくださいね。

夏は2大祭りで大盛り上がり!

  • 東林間サマーわぁ!ニバルのメイン会場となるシャンテ大通り。駅から東向き。
  • 同じくシャンテ大通り。こちらは西向き。お祭り中は人で溢れかえる。
  • 街のいたるところにポスターが。
  • お祭りを盛り上げたいという雰囲気が伝わってくる。

7月の「東林間西口まつり」、8月の「東林間サマーわぁ!ニバル」という2大祭りが有名な東林間。どちらも、この地で長年愛され続けている夏の恒例行事です。

東林間西口まつりは「子どもが楽しめる安心な祭り」がテーマで、お店の人たちによる手づくり感満載の模擬店が、西口近辺にたくさん並びます。

一方、東林間サマーわぁ!ニバルは、駅から東西に伸びるシャンテ大通りをメイン会場に催される阿波踊りのお祭りです。当日は周辺各地から約3000人の踊り子が集結。近年は、お客さんを含めて数万人が訪れるほどの規模にまでなっています。また、運営サポーターは1000人近くになり、住民主導で行われる運営手法からも、地元民のお祭り愛が伝わってきます。2018年は8月4日(土)、5日(日)の開催予定です。

東林間周辺は、もともとの暮らしやすさに加え、住民の「子育てへの配慮」が行き届いた街だと感じました!

●DATA
新宿駅へは、相模大野駅で急行に乗り換えて約40分。逆方向なら藤沢や江ノ島、大和で乗り換えれば横浜など、いずれもアクセス良好。
もっと見る

NEW

RANKING