2019.01.10相模原ライフ相模原イベント&スポット情報 vol.22

さがみはらスイーツフェスティバル2018「第2回推し土産スイーツ総選挙」受賞店探訪その2

相模原市内で販売されているスイーツの中から、お土産として贈って喜ばれるスイーツNo.1を決める、さがみはらスイーツフェスティバル「推し土産スイーツ総選挙」。2018年は投票によって7品が選ばれ、11月25日にアリオ橋本で表彰式が行われました。今回は、入賞作の『津久井きなこのダックワーズ』(セ・ラ・セゾン!)、『横山シュー』(相模原菓子工房 ら・ふらんす)、『丹沢あんぱん』(オギノパン)、『SC相模原せんべい』(ローソン・スリーエフ相模原富士見町店)をご紹介します。

「その1」ではグランプリ受賞店舗を含む2店舗をご紹介しています!

さがみはらスイーツフェスティバル2018「第2回推し土産スイーツ総選挙」受賞店探訪その1

モンドセレクションも受賞した相模原銘菓『津久井きなこのダックワーズ』

『津久井きなこのダックワーズ』(220円)

土産物の少ない津久井の土地で、名物になるようなお土産物を開発したい。そんな思いからダックワーズを改良して作られたこのお菓子。相模原で伝統的に栽培されてきた幻の大豆とも呼ばれる「津久井在来大豆」から作られたきな粉を使用していて、2013年にはモンドセレクション金賞も受賞しています。

「お店の名前の『セ・ラ・セゾン!』はフランス語で、直訳すると『今が旬!』となります。さらにそこには生産者の方の思いが込められた旬のフルーツを使い、季節の到来を喜ぶ、というような意味も込めているんですよ。全国のおいしいものを使うのはもちろんですが、地元で作られた素材を積極的に使うよう心がけています」(代表・清水康生さん)

手作りジャムやオリジナルティーも並ぶ店内には、コーヒーなども楽しめる可愛らしいイートインスペースも用意されています。気候の良い時には、裏庭にあるテーブル席でお菓子とお茶をいただくのもいいですね。

ダックワーズとは古典的なケーキの土台となる生地をアレンジして誕生したもの。こちらには「きなこ」の他に、キャラメルアーモンド、ぽんかん、抹茶を使ったものがあり、さらに季節限定の味が加わることもあります。

フェスティバル受賞作の『津久井きなこのダックワーズ』をいただいてみたところ、表面がカリッとしつつも中身はふんわり。ホロホロとはかなげにくだけていく食感が独特で見た目よりあっさりとした、軽いお菓子となっていました。洋菓子でありながら、生地とクリームにたっぷり入ったきなこの風味が「和」を感じさせ、コーヒー、紅茶、日本茶と様々な飲み物に合いそう。購入してから約2週間はもつとのことなので、遠方へのお土産にもぴったりですね。

<店舗情報>

セ・ラ・セゾン!

042-769-7355

相模原市中央区矢部1-14-8

営業時間 10:00〜18:30

定休日 月・火曜日

HP:http://cest-la-saison.com/

アクセス JR横浜線「矢部駅」より徒歩8分。「相模原駅」より徒歩15分。

濃厚なカスタードクリームがたっぷり入った『横山シュー』

ザラメをトッピングしたシュー生地に、天然バニラを使ったカスタードクリームがたっぷり入った『横山シュー』。生地の食感とカスタードの風味が絶妙なハーモニーを奏でるシュークリームです。

『横山シュー』(150円)

作っているのは「相模原菓子工房 ら・ふらんす」。販売されているお菓子の種類が非常に多いこちらのお店。イートインスペースも広くとられていてゆっくり過ごすことができます。個包装されたリーズナブルなお菓子もいっぱいで普段のティータイムにもぴったりです。

「このシュークリームは相模原の新しいお土産になることを目指して開発されました。商品名に地名の『横山』が入っているのもそのためです。パッと見はザラメをかけて焼いた生地が目立ちますが、実はなにより味わっていただきたいのは、こだわりの牛乳、卵、そして天然のバニラを使って丁寧に炊いたカスタードクリームです。シュー生地の工夫はこのカスタードを美味しく食べていただくためにあります」(スタッフ・大日方さん)

濃厚な玉子感、ミルク感とバニラのリッチな香りが効いたカスタードクリームは抜群のおいしさ。カリっとした食感の生地にトッピングされたザラメがアクセントになり、カスタードクリームをより引き立てます。

普通のシュークリームとはちょっと違う贅沢さ。“特別感”のある『横山シュー』は、大事な人に会う前にわざわざ買いに行く価値が十分にあるお土産と言えるでしょう。

<店舗情報>

相模原菓子工房 ら・ふらんす 横山台店

042-759-3800

相模原市中央区横山台2-9-25

営業時間 9:30〜20:00

定休日 不定休

HP:https://patisserie-lafrance.jp/

アクセス JR相模線「上溝駅」より徒歩15分

薄皮であんたっぷり。山の形がかわいらしい『丹沢あんぱん』

緑区の老舗パン屋・オギノパンの看板商品である『丹沢あんぱん』。職人が手包みで作って焼き上げています。薄皮、あんこたっぷりで和菓子のような贅沢な仕上がり。丹沢の山のような形もめずらしいあんぱんなのです。

『丹沢あんぱん』(150円)

「当社には大の甘党の常務がいるのですが、そんな常務がある時、潰してからあんぱんを食べている人を見かけました。理由を聞いたら、『あんこが偏っていることがあるので、潰して均等になるようにしている』というものだったんです。『ならば、偏る隙間がないぐらいに、あんこをたっぷり詰めたあんぱんを作ってやろう』という発想でこの丹沢あんぱんは誕生しました。あえて弾力の少ない配合の国産小麦から生地を作っていて、あんこの味わいを邪魔しないよう工夫をしています。盛り上がった山のような形をしているのは、地元にある丹沢の山をかたどっているから。新たな地元の土産となることを目指し、この形と名前にしました」(販売部長・荻野隆介さん)

実はこの「山」の形こそが、あんこたっぷりの証。普通のあんぱんが、皮6:あん4であるところ、逆転の皮4:あん6。パンの比率が多いとビシッと山の形を保つことが難しいですが、この『丹沢あんぱん』はみっしり詰まったあんこが「芯」となり、山の形を保てるというわけなのです。

つぶ、こし、白あんをはじめとした定番の10種+季節の味がラインナップ。全種類合わせて1日約5000個売れるうち、1000個を売り上げる「つぶあん」がいちばんの人気とのこと。

さっそくその「つぶあん」をいただいたところ、あんこたっぷりであんぱんというより、もはや「パンをまとったあんこの塊」といった感じ。甘さも上品で、和菓子のようなお味でした。

『あげぱん』(110円)

それから、このお店に足を運んだ際はあんぱんだけでなく『あげぱん』も是非試していただきたいところ。出来立て推奨なのでお土産には向いていませんが、特製コッペパンを上質な油でじっくり揚げており食感、滲み出る油のうまさがそこらの揚げパンとはちょっと違います。熱々なところにかぶりつけば幸せになれること間違いなしです。

本社工場と併設された直売所のため工場を見学することもできます!

工場見学~パン作りまで楽しめる「オギノパン」

<店舗情報>

オギノパン

042-780-8121

相模原市緑区長竹2841

営業時間 9:30〜18:30 ※12月・1月・2月は17:30閉店

定休日 元旦

HP:http://www.ogino-pan.com/

アクセス 「長竹カントリークラブ」より国道412号を厚木方面へ車で2分

地元サッカークラブを応援する想いを焼き上げた『SC相模原せんべい』

相模原市を始め、座間市、綾瀬市、愛川町をホームタウンに活動するサッカークラブ・SC相模原。そのサポーターでもある地元の手焼きせんべいのお店と、コンビニがタッグを組んで開発・販売をしている『SC相模原せんべい』が去年に引き続いての受賞となりました。おつまみ、お土産にぴったりのおせんべいです。

『SC相模原せんべい』(100円)

富士見にある、一軒のコンビニ。書店との一体型ではありますが、今時そこはそれほど珍しい訳ではありません。しかし、店内を見渡せばサッカーのユニフォームや新聞、ポスターで賑やかに飾られた大手コンビニチェーン店らしからぬ異質な一角が目に入ります。

実はこのコンビニのオーナーである渡邉さんは、SC相模原のスポンサーになっているほどの熱心なサポーター。そこで、オリジナルのSC相模原グッズを作って販売しているというわけ。

「地元にあるサッカークラブの応援をしたい、ファンの間口を広げたいという想いが第一ですね。先にオリジナルのビールを作りまして、次はつまみになるもの、お土産になるものをということで同じくSC相模原のスポンサーをしている相模原の手焼きせんべいの店『風林堂』さんと縁もあり、オリジナルのおせんべいを作ることにしました。うちはコンビニのチェーン店ですが、この商品は独自開発なのでこの店でしか買うことができません。近くのスタジアムで試合があると相手チームの選手やサポーターさんにも買っていただいており好評です」

噛めばパリポリと小気味良い音をたてて割れる程よい歯ごたえのおせんべいは全部で6種類の味。表面に砂糖をまとったさとうせんべいにSC相模原のマスコットキャラクター「ガミティ」・チームロゴマークが描かれたものの他に、えびサラダ、たがね醤油、ザラメ、黒胡椒、のり塩があります。

箱入りのほか、バラでも販売されており一番売れているのは黒胡椒とのこと。これは鮮烈な黒胡椒の香りと辛さが刺激的でビールに合いそう。サッカーファンへのお土産にすれば、話も盛り上がること間違いなしです。

<店舗情報>

ローソン・スリーエフ相模原富士見町店

042-733-6601

相模原市中央区富士見4-8-1

営業時間 24時間

定休日 無

もっと見る

NEW

RANKING